拓普グループ事業部の仕組み管理

創業以來、自動車部品業を核心事業とし、技術革新と市場拡大を続けて行っています。今日、拓普グループは事業部仕組み管理モードで3つの事業部門を持ち、彼らは各自の業界分野でたゆまぬ取り組んでいます。


  • パワーシャーシシステム事業部
    防振システム ねじり防振システム サスペンションシステム シャーシシステム 軽合金システム
  • 內外裝部品事業部
    防音システム 生地システム 基材システム 繊維システム シーリングシステム クロージャーシステム
  • 電子システム事業部
    知能ブレーキシステム 電子制御系システム アクチュエーターシステム ステアリングシステム 安定制御システム
パワーシャーシシステム事業部 自動車用振動制御システム、サスペンションシステム、軽量化方面に関するソリューションに注力
主要取引先

アウディ、BMW、長安グループ、フィアットクライスラー、長安フォード、北米ゼネラルモーターズ、吉利、JAC、ポルシェ、SAIC、SAIC-GM、一汽フォルクスワーゲン、ボルボなど國內外の主要自動車メーカー。

パワーシャーシシステム事業部は、R&Dセンターとテストセンター及び合計17所の生産メーカーがあります。

防振システム
ねじり防振システム
サスペンションシステム
シャーシシステム
軽合金システム

システム化管理

企業の急速な発展に適応するために、プロなチームを確立し、企業の管理システムを絶えずに変革し革新します。

品質體系

1984年、拓普はクライスラーからの品質體系監査要求に対応し始め、1996年に完全なISO9002システムを確立しました。 。その後、拓普は社內と取引先からの厳格な評価を受けながら著実に成長してきます。

  • ? 2008年 | Q1
  • ? 2006年 | ISO/IEC17025 | 3C
  • ? 2005年 | ISO/TS16949
  • ? 2004年 | ISO14001
  • ? 2002年 | VDA6.1
  • ? 1999年 | ISO9001
  • ? 1999年 | QS9000
  • ? 1998年 | GP-10
  • ? 1997年 | ISO9002
環境體系

拓普は、環境が改善し続けるために、ハイテク、低エネルギー消費、汚染管理という新しい道に沿って行動し発展しなければならないと主張しています。そのために、我々は持続可能な発展戦略を堅持し、「規制の遵守、省エネ?消費低減、汚染防止、改善維持」の環境方針,が挙げられて、企業環境マネジメントシステム(ISO14001)を確立し ,資源節約?環境に配慮した企業グループとなっています。

亚洲av欧美av天堂_亚洲欧美丝袜精品久久_亚洲 欧洲 日产网站